おしゃべりだけで歴史に名を残した哲学者

【問題】釈迦・孔子・キリストと並ぶ四聖人のひとりです。

この人、誰?

一冊も本を書かずに、おしゃべりだけで歴史に名を残した偉人。その生涯と思想は、同時代の作家や弟子たちの作品からうかがい知ることができます。

正解は………

【正解】ソクラテス

「無知の知」「問答法」で有名な古代ギリシアの哲学者。

ソクラテスは言葉を文字にしてしまうと「死んだ会話」になると考えていたので、著書は一冊もありません。書物ではなく対話。現代ならブログやTwitterよりもClubhouseにハマるタイプ。

ちなみにこんな名言も。

本をよく読むことで自分を成長させなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。

ソクラテスの名言

…どっちやねん。

まん読クイズについて
まんがで読破のTwitterでは、正解者から抽選でお得なギフト券が当たる「まん読クイズ」を随時開催|文豪や名著のエピソードから出題します|ぜひチェックしてください。

まんがで読破|電子版 Twitter
https://twitter.com/mangadedokuha

関連記事

最近の記事 人気記事
  1. 夏目漱石『道楽と職業』好きなことで稼ぐ職業人の心得|要約・解説

  2. 新橋・末げん|三島由紀夫の「最後の晩餐」鳥鍋と名物・親子丼

  3. 福沢諭吉『学問のすすめ』は日本人の意識を変えた自己啓発書だった【勝間和代さんが解説】

  4. マルクス『資本論』から学ぶ格差社会を生きるヒント【山崎元さんが解説】

  5. モボとモガの資生堂パーラー|大正ロマン〜昭和モダンの西洋料理

  6. 浅草・染太郎|坂口安吾が食べたお好み焼きの老舗

  1. マルクス『資本論』から学ぶ格差社会を生きるヒント【山崎元さんが解説】

  2. ディケンズ『クリスマス・キャロル』あらすじ解説|貧困と自己責任

  3. 島崎藤村『破戒』のあらすじと解説|部落差別という社会悪

  4. キルケゴール『死に至る病』を解説|あなたの絶望はどの絶望?

  5. 夏目漱石『道楽と職業』好きなことで稼ぐ職業人の心得|要約・解説

  6. 福沢諭吉『学問のすすめ』は日本人の意識を変えた自己啓発書だった【勝間和代さんが解説】

TOP
error: このコンテンツのコピーは禁止されています